引越し準備中 
 
最近ばたばたしています~。
だいぶ前から計画していたシドニー脱出計画。

いよいよあと1ヶ月ほど。

シドニーに来て、6年。なんだかもっと長いことシドニーに住んでるような気がする。

日本を出てから本当に色んなことがあったなあ~、としみじみしたいところなんだけどやることが多すぎてしみじみしきれず。


相方とるーたんと、バンで暮らしながらしばらくオーストラリア放浪の旅にでかけます!

まずはポートダグラスというシドニーから2400Kmほど北にあがった街で11月にある皆既日食を目指して序々に北上していきます。
オーストラリアはこれから夏。しかも北に行けば行くほど熱くなるので、ちょっと心配もあるけど。。



昔見たオーストラリアの映画「priscilla」。おかまちゃんがでっかいバスをうんてんしながらオーストラリアを旅行する話。
   
priscilla20queen20of20the20desert20sq.jpg
Priscilla-4_jpg_asset_rgb.jpg




この映画を見た時いつか自分もオースをラウンドしたいと思って数年、実際にラウンドする時が来ました。Yay!

たのしみじゃああ!
Dream body 
 
数日前。ニュータウンにある本屋さんにダンボール2箱分位の本を売りに行った。
ニュータウンあたりでは有名な、gould's book arcadeという中古本屋。
倉庫のようなただっぴろい店内に、まーーごちゃごちゃに商品がほっぽりなげてある。
一見普通の本屋のようだけど、

goulds-bookshop-482x298.jpg

陳列はこんな感じで本を探すのには一苦労だし、
n650800220_3960622_218.jpg

店員のおじいさんも前まではこんな感じでとにかく探している本のありかを聞きにくい雰囲気。(今は亡くなられて、若い人がレジにいました)
8706e4ba9f5f56446c8bfbe4e6c358bd.jpg

写真勝手にグーグルイメージから拝借。

持って行った本はこのお店で使える$70分のバウチャーと交換してくれた!本を売りに行ってすずめの涙ほどの現金もらうよりこの方が客も嬉しいし店側もハッピーだろうし、とても良いアイディアだと思う~。
ちなみに前、シティにある日本人経営の古本屋にかなりたくさんの日本語の本を売ったときはぜんぶで$3位にしかならんかった・・。


英語の本を読むのには辞書を使いつつノートに単語をメモしつつ、ものすごい時間がかかる私。10ヶ月前にここで買った本がや~っと読み終わったので新しい本をマットにてつだってもらい探した。英語の本って読むのだけでなく探すのも一苦労・・・。

そして久々にすごい本に出会えた~!

こちらの本。
5105yWaZzSL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click-small,TopRight,12,-30_AA300_SH20_OU01_

"Working with the Dreaming Body" Arnold Mindel 1984
日本でも「ドリームボディ」として2002年に発行されているらしい。

ユング派心理学者の著者は、プロセス指向心理学という心理療法の創設者。

彼は、体に現れている症状も夢と同じように無意識の創造的な発現なのではないかということを発見した。
そして、夢にあらわれたり体にあらわれたりしている「何か」は 根元では同じもので、
たまたま夢という形を取るか、身体症状という形を取るかのちがいに過ぎないと考え、「ドリームボディー」と名づけた。
こちらからコピペ。

まだとちゅうまでしか読んでいないんだけど英語も専門用語以外は分かりやすいし、ぐいぐい引き込まれてしまってます。

このブログのタイトルにもゆめという言葉を入れてるんだけど、私は夢の世界にはんぶん生きているという思いが結構ある。明晰夢(夢の中で夢と気づき、コントロールできる夢のこと)を見るために5年前から夢日記をつけだして、何度か明晰夢を見てその思いが強まってきた。
明晰夢はマトリックスの中にいると思えば分かりやすいと思う。しかもそのマトリックスは自分の想像で出来上がったものだから本当にふしぎで大好き。
そして今の世界もまた「一種」の夢ではないのかと疑ってるんだけど。それも夢のように、気づくのにはコツがいって大半気づかずに終わるのでは、と。
ああ、深いよ、ゆめの世界!

また読み終わった頃(まだまだ時間がかかる~)ゆめについて詳しく書きたいと思いまーす!

あとあと、近所に住むマルタ人の友人と豆乳の作り合いっこを始めました。自分達の分だけを作るのは大変だから交代で作って分け合った方が手間が少ないから~。
今週彼がご飯食べにきてくれたとき早速第一弾を持ってきてくれた!行動が早くてすばらしい~~!
めちゃくちゃ美味しいよ、手作り豆乳。ハッピー


soy milk
昨日料理に使ったのでもうすぐ終わっちゃう~。早く作らねば。
冬です! 
 
これはなんの写真でしょう!?
mikan_convert_20120517192938.jpg











正解はこの果物のまんなかの部分の拡大写真!
DSC_0054_convert_20120517193311.jpg

みかんです!
みかんのおへそみたいなところにとーっても小さなお花模様が!

う~、かわいいねえ。


そう、シドニーは冬が始まりました!寒いです!
寒いのは得意ではないけど、冬の野菜や果物って美味しい~。

冬になると中国系・ベトナム系スーパーに出てくるれんこん。
DSC_0051_convert_20120517193857.jpg

切り口がとってもこれまたかわいいまんだらのようで、写真に撮ってPCのスクリーンで見たらこれまたもっとかわいい~!
こちらのれんこんはすりおろして片栗粉とまぜて、ヴィーガンハンバーグにしていただきました。



シドニーには日本では見たことの無かったいろーーんな野菜がたくさんあります。
このあいだ初挑戦したのはチョーコーという野菜。太極拳のクラスのおじいさんが育てたものをいただきました。
こんなやつ
chayote.jpg

ジャガイモと冬瓜のあいの子というかんじで美味しかったです!
ひよこ豆といっしょにインドカレーにしていただきました。おじいさんありがとう!

シドニーの冬の食べ物、楽しみまくろう!




いのちのきえるとき 
 
うちのわんこ、るーたん。
DSC_0030_convert_20120506192949.jpg

ひーかわええ。

そんなるーたんにも子供の頃からの大親友が居ます。バディーっていいます。
DSC_0391_convert_20120506195640.jpg


バディーのお母さんがマットの昔のフラットメイトで、るーたんは昔バディと一緒に暮らしていました。若かった二匹は庭でいっつも遊んでいたそう~。
二匹は男同士だけど、本当に愛し合っている!


バディーは去年足の骨に癌がみつかって、足を切断したため今では足は3本しかありません。
そんなバディー、数週間前にまた癌が再発して獣医にあとすうじつで死んでしまうと言われてしまいました。

それでるーたんつれてお見舞いに行ってきた。
2人とも会った瞬間からじゃれるじゃれる、写真が旨く取れん。

まずはハグでご挨拶。
DSC_0319_convert_20120506203304.jpg




るーたんがバディの顔をおしりでぐりぐり。みんな爆笑、るーたんひきずり降ろされる。
DSC_0389_convert_20120506194616.jpg

バディも負けずに3本足でるーたんを襲う。
DSC_0380_convert_20120506201333.jpg

同じ姿勢でくつろぐ2匹。
DSC_0372_convert_20120506201747.jpg
2匹ともうっすら笑顔なのがかわいいよ~。


るーたんが来るまでバディはご飯も食べんでひたすら動かなかったそうで、るーたんとじゃれ合って遊ぶバディの姿を見てお母さんは本当にびっくりしてました!
私達もこんなに楽しそうなるーたんを見るのは本当に久々。

誰かが亡くなったときに、もっと生きているうちにこうしてあげれば良かったとかもっと会いに行けばよかったとかいつもたくさん後悔する。
忙しさにかまけたり、めんどくさかったりでバディとるーたんを本当に時々しか最近は会わせていなかった。

もっと二人の時間を大切にしてあげれば良かった。
DSC_0347_convert_20120506202048.jpg
(この写真の二人の間にハートが見える気がする・・)



こんなに楽しそうな2人を見て、もうすぐ居なくなってしまうバディを見て、大親友のいなくなってしまうるーたんを見て、生きている時間の大切さを思い出させてもらいました。

バディに残された時間、できるだけ二人を遊ばせてあげようと思います~

石鹸シャンプー 
 
前にちらりと書いた石鹸シャンプー。
順調に続いていて最近では髪の毛自体に本来の油分があるように感じてとてもお勧めです!が、石鹸シャンプーはコツがつかめないとビックリするほど洗いにくい!
私なりの石鹸シャンプーのコツを書きたいとおもいま~す。


シャンプーの材料
ネット上で色々しらべていた時に見つけたやり方は大体、液体石鹸派と固形石鹸派に分かれるようです。
液体石鹸の場合は水で薄めるだけで使えるし、ホホバオイル等好みのオイルと混ぜて使う方が多いみたい。私の意見はオイルのはいったほうが髪がきしみにくいし、香りも楽しめるからオイル入れると良いかなあ。
固形石鹸はすって水に溶かしてペースト状になったものを使ったり、そのままあわだてて使ったり。固形石鹸派は石鹸自体を作る人も多いね~。

液体・固形石鹸を買うときに気をつけてほしいことは合成界面活性剤を含む製品も売っているということ!合成界面活性剤はたくさんの名前がついているので成分表示を見てもわかりにくい。質の良い、化学物質の入っていない純石鹸やオーガニックを使うことをおすすめします~。石鹸だとオーガニックでも高くないよ~。


私は液体状のpure castile soapに、ユーカリオイル、ヘンプオイル、ココナッツオイル等が混ざったものを使っています。


コンディショナーの材料
これも好みで色々なやり方を試して自分の好きなものを選べば良いと思う。大体こんな感じの材料に分かれると思う。
・酢、レモン果汁、クエン酸等、酸性のもの
・アボカド、蜂蜜、卵、などにココナッツオイルやオリーブオイルを足して髪に潤いをあたえるもの
・グリセリン等に酸性のものやオイルを混ぜて作ったもの


私はアップルサイダーヴィネガー(りんご酢の様なもの。香りがきつくないので使い易い)に好みの精油を2-3敵たらしたものを水で薄めて使っています。酢の匂いが絶対嫌な人はクエン酸かレモン果汁が良いかも。

洗い方
1)髪を濡らす前にブラッシングをする。
髪についたほこりを落としたり、髪の長い人はもつれをほどくことで洗いやすさがかなり変わります。

2)髪をしっかり濡らす。
合成界面活性剤の入ったシャンプーを使っていた時はあまり大切に思わなかったこの作業。石鹸シャンプーだとしっかり頭皮まで濡れていないと泡だちません~。私の髪は超多いのでしっかり濡らすのは意外と大変・・・。

3)洗面器で液体石鹸を少量のお湯と混ぜて泡立てる。
あらかじめ別のボトルで水とまぜておいてそのまま使うやり方も多いみたいだけど、私は水が古くなるのが嫌だったのでそのつどお湯と混ぜています。

4)3で作った泡で頭皮を洗う。
このとき、石鹸シャンプー初めての人は一瞬にしてぎしぎしになった髪に驚くと思います。海から出てきた時の髪の状態に近い・・私も最初はこれはムリだと思ったほど・・・
これは石鹸のアルカリ性でキューティクルが一気にがさつくためらしいです。
だから髪同士を絶対にこすりあわせてはいけんよ~!指先で頭皮を洗います。

合成界面活性剤の残った頭皮・髪の毛では石鹸は泡立ちません。最初は2、3回洗わないと私は泡立たんかった。
この頭皮を洗うということに慣れてくればきめの細かいやさしい泡がたって気持ち良くなってくるよ~。

5)しっかりすすぐ
石鹸はなかなかながれにくいのでしっかり頭皮もすみずみまですすぎます。ここで石鹸が残っているとフケがでます。4の時に決めの細かい泡が立っていればすすぎもかなり楽。

6)洗面器半分くらいのお湯に大さじ2-3杯のapple cider vinegarと、精油2滴くらいを混ぜる。
私は髪が長いので、一度髪を洗面器に浸してのこりを目に入らないように髪全体にかけます。
さっきまでぎしぎにだった髪の毛にすーっと指が通るようになります。
酢の酸性の力で、けばだったキューティクルが一瞬にして閉じて滑らかな表面になるためそうです。酢は長く髪につけておかないほうが良いらしいので、よくすすいで終わりです。


ちょっと慣れるまでは大変な石鹸シャンプー。
しかし市販のシャンプーには表面的な洗い易さやとケミカルな香りだけを与えて、合成界面活性剤をたっぷりと含んでいます。
合成界面活性剤は浸透性も高く残留性も高いのでふつうのすすぎでは完全に流れないそうです。
体内にどんどん蓄積されて、じわりじわりと弊害を起こしてくるんだね。。。

頭皮は薄く、毛穴も多い。シャンプーの時はお湯を使うのでさらに毒性、浸透性の高い成分を吸収しやすくなります。

オーストラリアで毎日髪を洗う人は少ないらしいけど、これまたきれい好きな日本人。毎日だけでなく1日2回も洗う人もいるでしょう。市販のシャンプー剤の使いすぎは地球の水を汚すだけでなく、自分のからだの中も汚れています。大切な赤ちゃんの体のなかも汚れていきます。
目に見える髪の毛の汚れは落とすかもしれないけど、地球や体の内部など目に見えないところを汚していく合成界面活性剤。

知らずにいままで使ってきて、こわいなあと思います。


オーストラリアの海はきれいです。北のほうにはサンゴもいます。人間の使うものであまり地球を汚したくないなあと思って暮らしています~。