いのちのきえるとき 
 
うちのわんこ、るーたん。
DSC_0030_convert_20120506192949.jpg

ひーかわええ。

そんなるーたんにも子供の頃からの大親友が居ます。バディーっていいます。
DSC_0391_convert_20120506195640.jpg


バディーのお母さんがマットの昔のフラットメイトで、るーたんは昔バディと一緒に暮らしていました。若かった二匹は庭でいっつも遊んでいたそう~。
二匹は男同士だけど、本当に愛し合っている!


バディーは去年足の骨に癌がみつかって、足を切断したため今では足は3本しかありません。
そんなバディー、数週間前にまた癌が再発して獣医にあとすうじつで死んでしまうと言われてしまいました。

それでるーたんつれてお見舞いに行ってきた。
2人とも会った瞬間からじゃれるじゃれる、写真が旨く取れん。

まずはハグでご挨拶。
DSC_0319_convert_20120506203304.jpg




るーたんがバディの顔をおしりでぐりぐり。みんな爆笑、るーたんひきずり降ろされる。
DSC_0389_convert_20120506194616.jpg

バディも負けずに3本足でるーたんを襲う。
DSC_0380_convert_20120506201333.jpg

同じ姿勢でくつろぐ2匹。
DSC_0372_convert_20120506201747.jpg
2匹ともうっすら笑顔なのがかわいいよ~。


るーたんが来るまでバディはご飯も食べんでひたすら動かなかったそうで、るーたんとじゃれ合って遊ぶバディの姿を見てお母さんは本当にびっくりしてました!
私達もこんなに楽しそうなるーたんを見るのは本当に久々。

誰かが亡くなったときに、もっと生きているうちにこうしてあげれば良かったとかもっと会いに行けばよかったとかいつもたくさん後悔する。
忙しさにかまけたり、めんどくさかったりでバディとるーたんを本当に時々しか最近は会わせていなかった。

もっと二人の時間を大切にしてあげれば良かった。
DSC_0347_convert_20120506202048.jpg
(この写真の二人の間にハートが見える気がする・・)



こんなに楽しそうな2人を見て、もうすぐ居なくなってしまうバディを見て、大親友のいなくなってしまうるーたんを見て、生きている時間の大切さを思い出させてもらいました。

バディに残された時間、できるだけ二人を遊ばせてあげようと思います~